読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てぬきぐらし〜毎日寝てすごしたい

30代、派遣OL。毎日どうやっためんどくさいことから逃げれるかばかり考えてます。家事とか仕事とか、人間関係とか。

丁寧な暮らしに憧れて失敗するてぬきな毎日。


ペンタブ買って3ヶ月経ったので、上達具合を検証する

はじめに 

ペンタブ買って3ヶ月が経ったのです。

 

そもそも、美術の授業以来お絵描きしてなかった私。

お絵描きなんて本当にしてなかったのです。

 

2016年3月ふと思いたって落書きを始めたのです。

そして、6月にブログを始め、7月からペンタブを買ってデジタルでお絵描き始めました。

要するに、超初心者なのです。

この下手くそって思っても温かい目で見てほしいのです。

 

 

さて、皆様、温かい目で見守る準備はできましたか??

 

ペンタブ買って2ヶ月目の記事はこちら

 

www.neginegigi.com

 

3ヶ月経って、どれくらい上達したのか検証してみようと思うのです。

 

 

2ヶ月目と3ヶ月目で変わったこと

絵を描く人からすると、常識の話なのかもしれないのですが、

初心者なので許してください。

 

私、今まで「筆圧」というものを意識せずにお絵描きしてました。

 

元々、文字を書くときも筆圧高めの私なのです。

ペンタブ使い始めてからも、それは変わらず全体重をかける勢いで圧力をかけて描いてたのです。

ペン先がすり減ってしょうがなかったのです。

 

f:全体重をかけてお絵描きをする

 

ペン先を買うお金がもったいない・・・

金銭的な理由で「筆圧をあまりかけないように線を描く」ことを意識したのです。

 

そうすると、なんということでしょう。

 

筆圧を変化させると線に表情が出ることに気づいたのです。

筆圧の変化を効果的に使うため、太さの設定を太めに変えました。

(ペンの種類も変えました)

 

今まで設定の太さが筆圧をかけすぎてて一定だったものが、

筆圧を意識することで、線に細いところ、太いところができるようになるのです。

こんな感じになります。

 

f:ペンの太さによる印象の変化

 

今までは押し付ける感じで描いてたのを、

滑らせる感じで描くように意識しました。

 

f:力を抜いてお絵描きする

 

 

ちなみに、ペンの太さを同じような絵で比較するとこんな感じ。

 

f:ペンの太さの違いによる印象の変化

 

線の太さで印象だいぶ変わるのです。

太めの線の方がキャラクター感が増す気がするのです。

ただ、今まで全体重をかけて描いてたくせのせいもあり、

筆圧意識しながら描くの結構難しくて、

まだまだ未熟な感じなのです。

努力あるのみなのです。

 

 

上達の比較

上達具合を検証するため、落書きしたものを並べてみました。

 

初めてのペンタブ

f:しましまこ 初めてのペンタブ

 

 

2ヶ月経過

f:しましまこ ペンタブ2ヶ月目

 

 

3ヶ月経過

f:しましまこ ペンタブ3ヶ月目

 

・・・。

下手には変わりはなかったのです。いやん

 

後から気づいたけど、

指が6本あるのです。

 

あああああ。

そもそもそういう基本的なところを確認しわすれてしまう私。

泣きそうなのです。

 

来月には、きっときっとうまくなってるはず・・・(無理)