読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てぬきぐらし〜毎日寝てすごしたい

30代、派遣OL。毎日どうやっためんどくさいことから逃げれるかばかり考えてます。家事とか仕事とか、人間関係とか。

丁寧な暮らしに憧れて失敗するてぬきな毎日。


お尻とイケメンと私。〜イタリア旅行記

おはようございます。

木曜日って一番だらっとしたい日ですよねー。

むむむむっ

私がダラダラしてるのは木曜日だけではないのですけどねっ。

 

イタリア旅行の続き

neginegigi.hatenablog.com

 

昨日、予告したタイトルを気にしてくださった方ありがとうございます。

うん、いつものタイトル詐欺なんだけどね(もごもご)

 

これからフィレンツェに行く皆さん、

ガイドブックを読んで、どの美術館に行くか迷っていることでしょう。

私個人として、優先順位はこんな感じかな、と思っています。

 

①アカデミア美術館(ダヴィデ像)

②ウフィッツィ美術館

③パラティーナ美術館

 

美術好きの人からすると、

「絶対ウッフィツィ美術館でしょ!」って思うはずです。

美術好きの人だと最優先がウッフィツィ美術館で当然だと思うのです。

ただ、好きな人だときっと美術館の優先順位迷わないと思うのですよ。

 

フィレンツェ行くから美術品は見たいけど、そこまで詳しいわけでも、

1時間以上並ぶ情熱があるわけでもないという迷える子羊は

アカデミア美術館に行くのが絶対オススメです。

 

美術にそこまで興味がない方でも絶対知ってる、

ミケランジェロのダヴィデ像があります。

ダビデ像は美しいと言われているのは知っているものの、正直何がすごいんだろう?って思っているあなた。

すべての感覚がひっくり返るくらい感動します。

美術に興味あるなし関係なく、知識のあるなしも関係なく

誰でもあの美しさには感動します。

彫刻ってこんなに美しかったんだと本当に感動してしまうのですよ。

 

作品数が少ないのも、わかりやすくていいのです。

一直線にダヴィデ像に行けてしまうのです。わかりやすい。

美術に興味がなくてもここだけは絶対行ってほしいところなのです。

 

 

 今日の漫画

 

さて、お尻・・・じゃない

 ダヴィデ像を見たときの話です。

お尻とイケメンと私

 

 

たっ堪能って芸術的な意味でですよっ(汗)

けっ決して性的な意味ではない・・・と(もごもごもご)

 

 

最初からお尻を堪能しようとしてそこに座ったわけじゃないですよ。

座ったらたまたまお尻が目の前にあっただけで、

決してそれ目当てではないのですよ。

 

・・・うん、まあ、綺麗な筋肉って素敵ですよね。

この筋肉に頬ずりしたい。

 

そして、腕の筋肉や、浮き出てる血管も美しすぎる。

本当に彫刻ってこれほど綺麗なものなのかと、

今までの自分の認識を覆されたのです。むはー!

 

いろんな意味でよだれの出るダビデ像でした。

 

 

次回は、「盗られたもの、それはあなたの心です」を更新予定です。