てぬきぐらし〜毎日寝てすごしたい

30代、派遣OL。毎日どうやっためんどくさいことから逃げれるかばかり考えてます。家事とか仕事とか、人間関係とか。

丁寧な暮らしに憧れて失敗するてぬきな毎日。


パラティーナ美術館で迷探偵になる〜イタリア旅行記

おはようございます。

今日も蒸し暑いですねー。

 

今日もイタリア旅行のお話です。

こんな落書きにおつきあいいただいてありがとうございます。

コメント、はてブ、星つけてくださる皆様、本当に本当にありがとうございます。

 

まず、以前書いたウッフィツィ美術館での話。

あ!海外の美術館(っていっても今回の旅行で行ったことがあるところしか知らないですが・・・)は写真撮影OKです。

常設展だから?(理由は知らないのです)

日本でも、世界遺産になった国立西洋美術館の常設展は写真撮影OKですよー。

さてさて、続けます。

 

neginegigi.hatenablog.com

 

ウッフィツィ美術館では、人だかりをたどるという方法で、

見たい絵画にたどり着けていた私。

味をしめて、その後に行ったパラティーナ美術館でも

同じ戦法でいけると確信していました!

  

私天才と思っていました。

いけると思ってたのです・・・

 

パラティーナ美術館での話 

おそらくなのですが、

フィレンツェに行く方からすると

「ウッフィツィ美術館」

「アカデミア美術館」はきっと行くところ候補に上がると思うのです。

でも、パラティーナ美術館行こう!って人はなかなかいないと思うのです。

私が行った時も、ウッフィツィ美術館とアカデミア美術館は1〜2時間並んでいたのですが、パラティーナ美術館は待ち時間0でした。

むしろ、美術館内もほぼ人はいません。

 

美術が好き!って人しか行かないと思うのです。

誰でも知ってる有名な作品はないのですが、

個人的には本当に行ってよかったと思う美術館なのです。

 

f:id:shimashimanegigi:20160824073718j:plain

 

全然わかんないよっ!!!

 

そもそも人がいない。

でも、ラファエロの作品があるのですよ。

ラファエロの他にも、有名な人の作品があるのに、

全然人がいなくて、人だかりをたどるという戦法がとれませんでした。

そして、説明書きが皆無です。

うん。

ラファエロの絵がさらっと置かれている。すごい。

 

一応、先に見たい作品はピックアップして行ったのです。

「これ絶対見る!」と思っていたのです。

でも、全然見つけられないのですよ。

展示の仕方が乱雑。

さらっとラファエロが置かれていたり、ティツアーノが見えにくい場所に置かれていたり。

イタリア文化の懐の深さが感じられるのです。

 

注意点としては、ちょっと中心部からは離れているのです。

行く前にどの絵が見たいかちゃんと決めておいた方がいいです。

そうじゃないと見逃してしまう可能性大なのです。

 

ある意味、ウッフィツィ美術館より衝撃的でした。

 

次回は、「お尻とイケメンと私」を更新予定です。

最後までおつきあいありがとうございます。