てぬきぐらし〜毎日寝てすごしたい

30代、派遣OL。毎日どうやっためんどくさいことから逃げれるかばかり考えてます。家事とか仕事とか、人間関係とか。

丁寧な暮らしに憧れて失敗するてぬきな毎日。


恋するウッフィツィ美術館〜イタリア旅行記

おはようございます。

 

 前回の記事にブクマやコメントありがとうございます。

neginegigi.hatenablog.com

 

ウフィッツィ?ウッフィツィ?ウッフィッツィ?の「ッ」が入る場所に関するコメントとブクマめっちゃ笑いましたw

 高笑いみたいとか、脳内ですら噛むとか、ウッヒッヒとかww

皆様の発想に感服なのです。

 

 

 恋するウフィッツィ美術館

 

今日は昨日のウッフィツィ美術館の続きです。

偉そうにいうことではないのですが、実は私美術が好きです。

さらにいうと、一番好きなのはルネサンスの時代の絵画が好きです。

だから新婚旅行をイタリアにしたのです。(実は)

 

ウフィッツィ美術館は行きたくて行きたくて行きたくてしょうがない場所だったのです。

 

f:id:shimashimanegigi:20160823204539j:plain

 

ああああああ、

ウッフィツィ美術館に行かないと見れない絵画たち。

ボッティチェリの春、ビーナスの誕生の本物をまさか見れる日が来るなんて。

 

幸せ。

 

 ウフィッツィ美術館に行く時の注意点

さーーーーっくりでいいので、ルネサンス美術の流れを頭に入れておいた方が楽しいと思うのです。

地球の歩き方に載ってる程度で全然絵の見方が変わると思うのです。

 

中世→ルネサンスの流れとかをさっくり頭に入れると

「おお!ここが素晴らしい」とか感じた時に優越感を感じられたりします。

昨日も書きましたが、人だかりができてるので、

有名な絵を見逃すことはないと思うのですが、有名な人の名前は覚えておくといいかもです。

「ああー!これがあの有名な!」って思えると楽しいのです。

でも、名画は本当に素晴らしいので、前知識なくても感動するのです。

さらに感動したい方はふんわり勉強していくとさらに楽しいと思うのです。

 

 

昔好きだった人との再会

感動した絵はいーーーーっぱいあるのですが、写真を撮り忘れてたり、ありすぎて書けなかったので、厳選。

 

あと、日本に来ていた絵にもう一度イタリアで出会える感動がすごかったです。

もう絶対に会うことはないと思っていた、昔好きだった人とまさかの再会を果たした感じです。

2016年は日伊国交樹立150年だったので、イタリアからたくさんの絵画が日本に来ていたのです。

幸せな年なのです。

カラバッジョ展なんて5回行ったのです。

日本でのカラバッジョ展の時期をずらしてのイタリア旅行ですよ。

 

ああ、話が脱線。失礼。

再会って燃え上がりますよね!きゅん

 

 

うん、

再会して燃え上がるような 恋など、実際したことないけどね!

 

 

 

こんな落書き最後まで見てくださったありがとうございます。

次回は、「人のいない美術館の恐怖(仮)」を更新予定です。

 

追記

はあーーーーっっ

漢字めっちゃ間違えてるwww

再会ですね。ご指摘ありがとうございます。

お家に帰るまで訂正できないぜい。

恥ずかしい。

再開って何が始まるんだ、私。

 

追記2

再開→再会に直しました!

危ない危ない