読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てぬきぐらし〜毎日寝てすごしたい

30代、派遣OL。毎日どうやっためんどくさいことから逃げれるかばかり考えてます。家事とか仕事とか、人間関係とか。

丁寧な暮らしに憧れて失敗するてぬきな毎日。


知らないということは、人の善意を無駄にする行為である

 おはようございます。

ごきげんあそばせw

 

こんなくだらない落書き日記にブクマやコメントや星を付けてくださる皆様、有難うございます。

今日もイタリア旅行の話です!

neginegigi.hatenablog.com

 

 

neginegigi.hatenablog.com

 

 

neginegigi.hatenablog.com

 

 イタリア旅行の最初はミラノから始まるのです。

ミラノといえば、ファッションの街。

ダヴィンチの最後の晩餐があることでも有名なのです。

 

もちろん、最初のツアー申し込むときに、

ダヴィンチの最後の晩餐が見れるツアーにしようと思っていたのですが、

出発日や、予算や希望が合わずに、見れないツアーになってしまったのです。

今回のイタリア旅行での最大の後悔は、ダヴィンチの最後の晩餐が見れなかったのことなのです。

次、次イタリアに行く時は、絶対ダヴィンチの最後の晩餐を見に行きたいのです。

 

 そんなこんなでミラノ観光の時の話です。

f:id:shimashimanegigi:20160805070408j:plain

 

せっかく一生懸命説明してくれてるガイドさんの話を全然理解できなかったやで。

結構詳しく説明してくれるのです。

 

実は私、昔 塩野七生さんの古代ローマ人の物語読んでいたのです。

だから、 結構話にはついていけると思ってたのですよ。

勘違いだったと心のそこから思いました。

全然あかんかったのです。

 

ローマの狼の話は知ってたのです。

「ああ、あの有名なね」ぐらいでふんふん話を聞けてたんですが、

私がわかったのはそれくらいでした。

「あの共和国統合の・・・」どのー?!

ガイドさんの話を理解するためには、私勉強不足すぎたのです。

めっちゃ熱心にガイドさんしゃべってくれたのにごめんやで!

これからイタリア旅行行く人がいたら、地球の歩き方のイタリアの歴史のページ読んだおいた方がいいかもです。

 

ミラノで行きたかったところといえば、

ドゥオモとヴィットリアエマヌエーレ2世のガッレリアなのです。

よくテレビや本で見てるので、行ってみたいと思っていたのです。

ガイドさんが大まかにミラノの街を案内してくれて、

ざっくりとした場所を理解した感じなのです。

 

イタリア旅行中の現地ガイドさんみんな第一声が「スリに気をつけて」だったのです。

どんだけイタリア、スリが多いねーん!ってこっそり突っ込んでしまうのです。

 

これからはミラノでの自由行動の話なのです。

 オシャンティーな街ミラノを散策するのですよっ。

次回は日本語しか喋れないしましま、ジェラートを買うの巻です。