住居として利用できる

サ高住という名称で知られている高齢者向け施設であるサービス付き高齢者向け住宅は、ほかの高齢者向け施設や介護施設とは異なる特徴やサービスを提供している点が話題となっています。
特に介護サービスが提供されていない点はほかの施設との大きな違いとして挙げられています。
手を借りずとも自分で生活できるため介護を受けることに抵抗がある高齢者や、今はまだ介護は必要ないけれどももしものときに備えて人の目があるところで生活がしたいという高齢者におすすめのサービスとして注目されています。

また住宅として利用できるところも他の施設とは違う点です。
サービス付き高齢者向け住宅は高齢者向け施設として知られているものの、実は区分としては高齢者向け施設と一般住宅との中間的な立ち位置になっています。
その理由としては、実は住居部分は一般的な賃貸マンションのように建物賃貸借契約で借りているためです。
このためサービス付き高齢者向け住宅で利用する部屋は賃貸マンションの一室のような取り扱いになっていて、一般的な住居と同じように取り扱うことができます。
このため介護職としても、施設の部屋ではなく利用する高齢者の家と同じ扱いで対応しなければいけません。
言ってしまえば、施設での介護というよりも訪問介護としての扱いに近い形になります。
このように他の施設とは部屋の取り扱い方が異なるので、より高齢者のプライバシーに配慮した対応が不可欠だと言われているのです。