そこで働く魅力とは?

サービス付き高齢者向け住宅は高齢者のプライバシーを守りつつ生活に必要なサービスの提供を行っています。
そのサービス付き高齢者向け住宅で働く魅力とは、なんといっても利用者の生活に寄り添った介護を提供できることが挙げられるでしょう。
介護を提供する施設は、特別養護老人ホームや介護老人保健施設などありますが、どうしても集団生活という色があり、起床時間からお風呂の時間、就寝時間や自由時間が決められてしまいます。
施設に入所されている方に、決まった時間に決まったケアを提供しなければなりませんので、どうしても利用者のペースで生活することが難しい場合があります。

しかしサービス付き高齢者向け住宅は、介護保険では「在宅サービス」と位置付けられています。
集合住宅で住んでいるにもかかわらず、受けられるサービスは在宅で受けられる介護サービスと全く同じものが受けられますので、おひとりお一人のペースに合わせて介護を提供することができるのです。
もちろん、食事の時間など提供できる時間が限られている部分もありますが、お風呂や掃除もヘルパーがマンツーマンで対応し、ご入居されている方に必要な支援を提供します。
サービス付き高齢者向け住宅では、利用者と向き合いながら、出来るだけ本人のペースを崩さずに介護を提供できるのが魅力なのです。
サービス付き高齢者向け住宅の仕事は多岐に渡りますが、まごころ込めて介護を提供できることが大きな特徴といえます。